結婚式のトータルコーディネイト

結婚式をトータルにサポートしていくウェディングプランナー。 人と話すことが多い仕事ですし、責任も大きい仕事内容です。 その仕事の魅力とはどんなものがあるのでしょうか。 このページでは、ウェディングプランナーの魅力、やりがいなどについて調べてみたいと思います。

ウェディングプランナーの仕事としての魅力

結婚式といえば、人生の一大イベントですね。
会社の上司や同僚、ご友人や親類の方が遠方から来られることがあったり、失敗は許されないのが結婚式です。
また結婚される当事者のお二人にとっても特別な会。
その日を最高のものにしたいと思われているでしょう。

ウェディングプランナーとは、そんな結婚式の初めから終わりまで、結婚されるカップルの希望を聞き、その式を作り上げていくのがお仕事です。
ウェディングプランナーを希望される女性は多く、人気のある職業でもあります。
具体的な仕事内容としては、お客様のニーズに合わせて式の予算や日程やこだわりの演出などをヒアリングし、結婚式の招待状の作成や披露宴の席次の組み立て、式を執り行ってくださる牧師や神父を頼んだり、結婚式当日の料理やケーキ、ブーケ、品物の手配、また司会者やカメラマン、音響などの手配など、結婚式にまつわるすべての業務を取り仕切る大変責任のあるお仕事内容となっています。

ウェディングプランナーの仕事によっては、契約に至るまでの内容とその後の業務で切り分けている会社もありますので、求人内容をよくチェックしてみてください。
ウェディングプランナーの所属先としては、結婚式場やホテル、ゲストハウスやドレスショップ、またレストランウェディング等があります。
自分が所属する会場またはレストラン、もしくはホテルなどで結婚式をぜひ挙げてもらうことをお客様に決めていただくために、かなりの営業力が必要となる仕事です。
また、結婚されるカップルの希望を上手に聞きだすために、聞き上手な方が向いているといえます。
聞き上手であることは、お客さんの信頼を勝ち得るために大切な要素となります。

ウェディングプランナーの一日

このページでは、ウェディングプランナーのある一日の仕事内容について調べてみました。 一日の業務を見てみることで、どのような仕事であるかざっくり感じがわかるのではないでしょうか。 結婚式の前日と当日に分けて書きますので、参考にしてくだされば幸いです。 では、見ていきましょう。

ウェディングプランナーに必要なスキルや資格

今までウェディングプランナーの仕事内容ややりがい、魅力などについて調べてきましたが、いかがでしたでしょうか。 このページでは、ウェディングプランナーになるために必要なスキルや資格について見ていきます。 ウェディングプランナーは年齢が若い方でも非常に責任のある仕事を任されます。